【一目瞭然!】プラステンアップの全成分から安全性と副作用

中学生、高校生の身長アップに特化した飲料サプリのプラステンアップは私の高校生の息子にも飲ませ続けて良い効果が出てると実感してますが、今はプラステンアップ以外にも同じようなサプリメントが色々あって、、、

「プラステンアップは成分表がないから怪しい」

とか

「プラステンアップは副作用があるんじゃない?」

という声をネット上で度々目にします。

ここを見てくれてるあなたも

「プラステンアップの成分にはどんなものが入ってるんだろう?」

「本当に効果的な成分は入ってるのかな?」

「体に害のあるものは入ってない?副作用は?」

と気になってるのではないでしょうか?

今回はプラステンアップの成分、副作用の可能性などに触れてみますね。



プラステンアップの注目成分

まずは色々なことを言う前にプラステンアップの成分を見てください。

砂糖、ミルクカルシウム(乳成分含む)、レモン果汁粉末(レモン濃縮果汁、デキストリン、澱粉)、粉末還元水飴、コラーゲンペプチド(ゼラチン含む)、ギャバ、スピルリナ原末、クワンソウ粉末、乳酸菌粉末、ビフィズス菌末、オルニチン、シトルリン、α-GPC加工品(大豆含む)/ 酸味料、炭酸Ca、V.C、甘味料(ステビア、甘草)V.E、ナイアシン、香料、パントテン酸Ca、V.B1、B2、B6、V.A、酸化Mg、メチオニン、トレオニン、グルタミン、シスチン、チロシン、アルギニン、グリシン、アラニン、アスパラギン酸Na、ヒスチジン、ブロリン、セリン、ロイシン、イソロイシン、バリン、葉酸、V.D、V.B12

実際にプラステンアップを購入した人なら見たことがあると思いますが、裏面にある成分表です。

次がプラステンアップの成分に含まれる栄養素です。

15歳~17歳の子が1日に必要とする栄養素に対して、プラステンアップの1日分、つまりスプーン一杯分にどれくらい含まれてるのかです。

  • ビタミンA(156.3%)
  • ビタミンE(168.9%)
  • ビタミンB1(292.5%)
  • ビタミンB2(123.6%)
  • ビタミンB6(106.5%)
  • ビタミンB12(109.5%)
  • ビタミンC(87.5%)
  • カルシウム(78.5%)

ビタミンCとカルシムが若干基準を下回りますが、ビタミン系は殆ど必要な栄養素を摂取できます。

普通のご家庭であれば、ビタミンCとカルシウムの不足分は食事で100%以上になるので安心できますよ。

これを見てもわかる通り、カルシウムっていうのは身長アップにはあまり関係なくて、必要なのはアミノ酸なんです。

アミノ酸は身長アップのために成長ホルモンの分泌に欠かせないアルギニンをはじめとした18種類のアミノ酸が含まれています。

また、日ごろ野菜が苦手な子におススメのスピルナというスーパーフード、思春期の子に多い精神的なイライラを緩和する沖縄のクワンソウなども含まれてるのが気遣いを感じます。

⇒プラステンアップの成分を公式サイトでチェック

プラステンアップの安全性は?副作用の心配は?

プラステンアップは中学生、高校生、つまり子供と大人の中間に位置する体に適した成分と栄養素を考慮したサプリです。

特にプラステンアップは高校生に人気があります。

とはいっても、あなたの大切なお子さんが飲むものなので安全には注意したいですよね。

プラステンアップは毎日スプーン1杯が基準なので、容量を守っている限り安全性に問題はありません。

ただ、過剰に飲むと下痢したり腹痛になったという口コミも見たことがあるので、量は守った方がいいです。

おそらく、プラステンアップに含まれるミルクカルシウムに含まれる乳糖の消化で下痢をしたのかと思います。

大量に飲んでも効果が一気に出るというわけじゃなくて、毎日決まった量を飲み続けるのがこの時期の体の成長に必要なことなので。

ちなみに、うちの子は特に夏になると1日3回くらい飲んでしまいますが、お腹を壊したりすることは全くありませんでしたよ。

ただ、プラステンアップの成分表からもわかる通り、成分に大豆やゼラチンを使っているので大豆アレルギーがある子の場合は注意して下さいね。





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする